温暖エネルギーと寒冷エネルギー

温暖エネルギーと寒冷エネルギー

2016年6月3日

こんばんは。奄美整骨院の盛です。

昨日のブログで、湿布薬のことを書いたので、今日は湿布薬のことを書きます。

 

私は、前回のブログで書いたような、炎症の強く出ている、新鮮なケガ(ケガをして間隔が間もないということ)をした場合や、仕事や運動で体をたくさん使った後の状態でなければ、

基本的には、体は温めた方が、回復力は高まると考えています。

体は36.5度で燃えようとしているので、体が弱っている時には、その働きを助けてあげるために

温めた方がいいでしょう。

 

奄美整骨院で、「温めた方がいいですよ」とか「冷やした方がいいですよ」と、

アドバイスすることがありますが、

「温めて下さい」というと、その時の患者さんからの答えは決まって、

『冷湿布より、温湿布の方がいいのね!』というふうに言われる事が多いです。

 

湿布薬は、消炎鎮痛剤であり、冷やしたり、温めたりの効果はありません。

冷感湿布は、冷たく感じるだけ、温感湿布は温かく感じるだけ、の感覚だけのことです。

 

温感湿布のほうは、とうがらしのカプサイシンの成分が入っているので皮膚の表面温度が少しは上がるし、

冷感湿布もメントール成分などで、皮膚の表面温度が少しは下がるそうですが、

両方とも薬効に期待する治療であり、

温める、冷やす、と考えるには、温暖エネルギーや寒冷エネルギーとして弱いです。

 

温めるなら、ホッカイロを使ったり、冷やすなら氷を使ったり、

のほうがエネルギーとして強力だと思います。

 

大自然のエネルギーで体の回復力を高めましょう。

 

 

 

TEL 0985-84-7011
まで、どうぞお気軽にお電話下さい。

奄美整骨院は、

予約優先制です。

 


〒889-1603
宮崎市清武町正手1-100-1 コンフォート正手1F
奄美整骨院

TEL&FAX  0985-84-7011
Web  http://amamiseikotsuin.com/

【診療日・受付時間】 

平日 8:30~11:30/14:30~19:30

土曜 8:30~13:00

【休診日】 

日曜日 祝日

当院は、交通事故治療・労災、各種保険取扱いです。 宮崎市清武町正手1-100-1 フレクション正手1F
※スマートフォンの方は電話番号をタップしてご発信いただけます。
0800-888-70110985-84-7011
交通事故・労災 診療時間
奄美整骨院 奄美整骨院
土曜日診療いたします
アクセスはコチラ メールでのお問い合わせはコチラ
PAGE TOP

Copyright © 奄美整骨院. All Rights Reserved.