各症状別の治療

首の症状(首痛・ムチウチ症)について

パソコンなどのデスクワークや家事など長時間同じ姿勢が続けば、疲労が蓄積され、目の疲れや精神的ストレス、血液循環の悪化などから、「痛み」や「コリ」となって現れます。
首すじが痛い、首が凝る、首が回らない、などの症状がある方、また、追突事故(交通事故)などの衝撃でむち打ち症の方、寝違いによる首の痛みがある方は、一度当院へご相談下さい。

※特に注意が必要なのは、「交通事故によるムチウチ症」です。
むち打ち症は、軽いものから重いものまであり、放置すれば回復が遅れ、日常生活に支障をきたします。
自己判断は非常に禁物です。交通事故(特に追突事故)に遭われた場合、事故の大小に限らず症状が出現することが多いので、すぐに当院までご連絡・ご相談ください。

 

肩の症状(肩痛・四十型・五十型)について

デスクワーク、細かい作業のお仕事をされている方、赤ちゃんを常時抱いている(お母さん)、受験生等、長時間同じ姿勢をとる方に多くみられる症状です。

こんな肩の痛みは要注意!

  • パソコンをしているといつも右(左)側だけ肩の痛みが強い!
  • 肩の痛みがひどくなると決まって頭痛がしてくる!
  • 目が覚めた時から肩が凝っている・・・

デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けたりすると、首や肩、背中の筋肉が疲れてきます。
そうすると、筋肉に乳酸などの疲労物質がたまり、筋肉が硬くこわばって張ってきます。
また、寝不足やストレスなども筋肉を緊張させ、疲労物質をためこんでしまいます。
このような筋肉の疲れが筋肉のハリやコリ、ダルさなどの症状を引き起こすのです。
これを一般的に「肩こり」と言います。
肩のコリ・痛み、腕があがらない、などの症状がある方は一度当院へご相談下さい。

肩の痛みを放置していると・・・

こわばった筋肉が血管を圧迫すると血行不良となり、コリがひどくなります。
末梢神経が傷ついて、ジーンとする痛みやしびれが生じてきます。

【頭部、顔面の症状】
首の後ろ~頭部~側頭部の痛みが起こり、目の奥が痛くなったり、眼精疲労を 生じやすくなります。
コリや痛みが強くなると、吐き気をもよおしたり、 気分が悪くなったりします。

【首、肩の症状】
頚椎後方にある脊椎関節の動きが低下したり変形が生じたりすると、 首の後ろから背中、
時には胸の前方に痛みやこり、だるさ、違和感が生じます。

【腕、手の症状】
肩から手、指先までの痛み、しびれ
肩の痛みの8割の方は、背骨のゆがみ(ズレ)から筋肉が圧迫を受けて血行不良により肩が凝っています。

※四十肩・五十肩について

四十肩、五十肩とは、40代や50代の人に起こりやすい肩関節周辺に起こる炎症です。
腕を動かそうとしたときに突然、肩に激しい痛みがあり、腕を上げたり後ろに回すなどの動作が困難になるのが特徴です。注意したいのが、四十肩、五十肩はそのままほうっておくと、長い場合1年以上も症状が続くことがありますので早期治療が重要です。当院では、痛めた部分に負担のかからないような運動もアドバイスしています。
まずは、当院までご連絡・ご相談ください。

なかなか肩の痛みが取れない方に必見の治療
 

腰の症状(腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰)について

何か物を取るなどで状態を前かがみにした場合や、長時間の座り仕事や長時間の立ち仕事など、同じ姿勢が長時間続いた時に発生しやすく、日頃からの慢性的な疲労の蓄積が要因となるのが「ぎっくり腰」です。
腰や背中が痛い、重い、しびれ、ぎっくり腰、等の症状のある方は、当院までご連絡・ご相談ください。

※特に注意が必要なのは、「交通事故によるムチウチ症」です。
腰が痛くて長時間椅子に座るのが辛い・・・腰痛治療は、奄美整骨院の得意分野のひとつです。
日本人にとって今や腰痛は国民病となっており、“約1500万人”が腰に痛みを抱えている生活を強いられている現実があります。

 

あなたは、いくつ当てはまりますか?

  • 腰が痛くて長時間椅子に座るのが辛い・・・
  • 立っているだけで腰に痛みを感じる・・・
  • 立ち上がる時に腰に痛みが走る・・・
  • 朝、顔を洗う時に腰が痛む・・・

この様な腰の痛みがあるなら迷わずに、奄美整骨院へご相談ください。
腰は身体の要と言われるように腰を痛めると日常生活に支障をきたすようになります。 軽度の腰痛をほったらかしていると、悪くなることはあっても、良くなることはなかなか ありません。 腰に不調を感じたら、できるだけ早くにご相談してください。
早めに対処ができれば、長引かなくて済みますし、ふとした瞬間にギックリ腰(急性腰痛)になってしまってからでは治るまで時間がかかってしまいます。
腰痛、その根本的な原因は、 実は「背骨と骨盤のズレ」にあります。
当院では腰痛の根本的な原因(背骨と骨盤のズレ)を治療して早期回復を促します。
腰痛を放って置いて症状が酷くなると、ヘルニアや坐骨神経痛の原因になります。
あきらめないで、宮崎市の奄美整骨院へお越しください。

※坐骨神経痛について

坐骨神経痛は、慢性的な腰の痛み、椎間板ヘルニア、すべり症などさまざまな疾患でみられる神経症状です。
お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをいいます。
ほとんどの坐骨神経痛は、腰痛と一緒に発症し、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが現れるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害をともなうこともあります。
坐骨神経痛は基本的に治りづらいので早期治療をオススメします。まずは、当院までご連絡・ご相談ください。

慢性腰痛の方に必見の治療

手や指の症状について

スポーツ等で手や指を痛めた、物を持ったり握ったりすると手が痛い、突き指の症状のある方は、
当院までご連絡・ご相談ください。

※つき指の注意点

突き指は「指を引っ張って治す」と思っている方は注意してください。
一言で、「傷ついた部位をさらに痛めるだけ」ですので、指を引っ張っては絶対にダメです。
状況により、みた目がひどくなくても、じん帯が切れてしまっていたり、剥離骨折をしている場合があるので、自己判断は非常に禁物です。まずは、当院までご連絡・ご相談ください。

 

肘や膝の症状について

スポーツや日常生活において肘や膝は良くつかう部位で、痛めやすい箇所でもあります。
スポーツ等で肘が痛くなった、歩くと膝が痛い方は、当院までご連絡・ご相談ください。

※野球肘について

投球動作で肘関節が過度の外反を強制されることにより、肘関節の内側・外側・後方にストレスが繰り返し加わることによって発生する肘の障害を「野球肘」といいます。
特に、肘が閉鎖する前の少年期では、骨、軟骨、筋肉が未発達&成長期特有の投球動作の関係で野球肘が起こります。当院では、予防・再発予防として投球前後のウォーミングアップとクールダウン、筋力トレーニング、ストレッチング、投球フォームの改善などを行っています。

 

外傷の症状について

骨折、捻挫、脱臼、打撲、挫傷等の怪我をした、また回復が悪い方は一度当院までご連絡・ご相談ください。

※RICE処置について

RICE処置とは、身体に外傷・傷害を負った際に早急に執るべき応急処置です。
Rは「Rest」(安静)、Iは「Icing」(冷却)、Cは「Compression」(圧迫)、Eは「Elevation」(挙上―持ち上げておく)の頭文字をとったものです。RICE処置は医学的な根拠から傷害を負った際に出来る限り患部の炎症や出血を抑えるための処置である。
※医療機関での診断を受けるまでは出来る限りRICEに則った措置を執る事が推奨されています。

R:安静

出血などの傷害を負ってしまった際、患部周辺の関節や筋肉が運動することによって、血行が促進され、脈拍の上昇と共に出血が酷くなる危険性があるから、まずは安静に。

I:冷却

傷害を負った部位は細胞レベルで傷つき、そのままでは炎症が広がる状態に置かれやすい。それを防止するために氷や水などを衛生的な状態で利用し、充血で促進される炎症での細胞破壊拡散を防ぐのが必要になります。不衛生な水は感染の可能性があるため、アイシングには適しません。
※アイシング時、コールドスプレーや氷による冷やし過ぎ(局所循環の極端な低下)に注意が必要です。

C:圧迫

出血などの外傷で損傷した患部の血管などは、場合によっては出血がとまらない可能性があります。
そのため、患部周辺または上流部分の動脈を圧迫し、一時的に血流量を落とすことによって血小板による血管修復のペースを出血量が上回らないようにするため、圧迫が必要になります。
圧迫方法としてはタオルなどの清潔な布を患部に巻き、固定するためにスパナやレンチのような金具を利用して絡め捻って締め、定期的に圧迫を緩めるのが理想的です。

E:挙上

出血などの外傷で損傷してしまった部位を心臓の位置よりも高く挙上することにより、重力によって出血量が減る効果を期待するための処置です。脚部などを損傷した場合は随意的に挙上するのではなく、椅子や台など安定したものを利用し、挙上した状態での安静を維持しておく事が重要です。

 

各症状の患者様へ

お仕事中やプライベートで、けがをして身体を痛めてしまったとき「そのうちに治るだろう」と放置してしまい、1~2週間してもよくならない。そして、状況が悪くなって、最終的に治療に行く。なんて方は良くいらっしゃると思います。
ケガをした部分は怪我直後から修復の準備が始まり、最初の1~2週間がもっとも治癒が進みやすい期間です。この期間をしっかりと治療をすれば早く治りやすく、逆に無理をしたり無視したりすると後遺症が残る可能性が高くなります。「ケガをしたらすぐに治療を受ける」が肝心です。

宮崎市・都城市・日南市など宮崎県内で各症状の方はお気軽にご相談下さい。

 
当院は、交通事故治療・労災、各種保険取扱いです。 宮崎市清武町正手1-100-1 フレクション正手1F
※スマートフォンの方は電話番号をタップしてご発信いただけます。
0800-888-70110985-84-7011
交通事故・労災 診療時間
奄美整骨院 奄美整骨院
土曜日診療いたします
アクセスはコチラ メールでのお問い合わせはコチラ
PAGE TOP

Copyright © 奄美整骨院. All Rights Reserved.